会議室と聞くと、なんだか暗いイメージや窮屈な感覚が湧いてくるものです。しかし今は、貸し会議室というサービスが定着してきており、質も高くユーザーから好評を得ています。では、この貸し会議室サービスとは一体何のでしょうか?今回はこのことについて解説していきます。

会議室の概要と貸し会議室の違いは?

一般的な会議室とは?

会議室とは、「仕事などに関する議題を複数名で話し合うために設置された部屋」のことをいいます。会議には1000人規模の大きなものや、特に場所を定めずに行う会議もあります。そして一般的には、会議室は仕事場ではなく、それ専用の独立した部屋になります。

会社はもちろんのこと、宗教団体などの組織団体の施設でも会議室が設置されています。会議室を持たない客層のために最近では、都心部で「会議室を貸し出します」という事業を行う会社もあります。(名称:貸し会議室)

また、会議室としてホテルやコンサートホール、コンベンションセンターなどが使用されることもあります。欧米などではWEB会議も盛んに行われており、会議のスタイルは多様化していることがわかります。

貸し会議室の利用内容

カーシェアリングなどのシェアリングエコノミーの流れを汲み、近年貸し会議室のニーズが増加し、利用者も増えています。システムや規約がよく整備されていることもあり、貸す側と借りる側、お互いに利用しやすいといこともメリットとなっています。

貸し会議室が「試験」「全社会議」「研修」「セミナー」など、それぞれの目的に応じて利用できることもブームの一因でしょう。その他、社外の打ち合わせ、採用活動の面接などでも利用もでき、便利なサービスとして親しまれています。

貸し会議室のメリット

  • 「立地がよい」

アクセスのいい場所に会議室があることが多く、会議室を借りて打ち合わせをする人は交通アクセスの面で悩むことがりません。勤め先や自宅から徒歩圏内にあることも多いので、電車に乗る必要すらない場合もあります。

  • 「備品、設備などのコストを削減」

会議をするにも備品が必要で、コストがかかります。貸会議室には「ホワイトボード、椅子、机」が備え付けられており、プレゼン用のプロジェクターやWiFが無料で使えるところもあります。ツールが充実しているので、非常に有意義な会議をすることができます。

  • 「会議以外でも利用可能」

貸し会議室は会議だけでなく、「教室、セミナー、説明会」など会議以外の用途で利用できます。特に用途にしばりはないので、自分たちの目的に合ったスタイルで会議室を利用することができます。